コンテントヘッダー

保護犬~『ハウス』は重要

昨夜、病院で虚勢手術をするためにドッグスにやってきた子をご紹介します

チワワくん(推定9ヶ月)とキャバリアくん(推定6歳)の2頭。

DSCF2662.jpg
2頭ともおとなしくていい子です
ごはんもばっちり食べてくれます

チワワくんは蜂谷先生が引き取る予定です
キャバリアくんは虚勢手術後、里親を探すそうです。

そんなわけで、里子に行ったときに困らないように『ハウス』の練習をしました

①ごはん(ドライフード)を用意します・。
DSCF2667.jpg
②1粒だけハウスに投げ入れて自分で食べに行かせます。
(ハウスに入りたくないので後ろ肢だけ残っています)

③ ②を繰り返し自ら後ろ肢が入るまで続けます。
  後ろ肢が入ったらすぐにさらに5粒くらいハウスの中に入れて食べさせます。
DSCF2663.jpg

④ ②・③を繰り返します。

⑤フードがハウスの中に入っていなくても
 わんちゃんが『入っているだろう』と探すようになったら、
 5粒くらい入れて、食べている時にハウスの扉を閉めます。
DSCF2668.jpg
 食べ終わる前に扉を開けます。

⑥ ③・⑤をランダムに繰り返します。

⑦ 天然のゴムでできた『知育玩具※』と呼ばれるおもちゃにフードを積めます。
DSCF2672.jpg
 これをハウスの中に入れて、
 わんちゃんがハウスの中で知育玩具からフードを食べ始めたら
 扉を閉めて目隠しをします。
 (その子によっては目隠しをしません)
DSCF2670.jpg

 わんちゃんが知育玩具の中のフードを食べ終える前にハウスの中からわんちゃんを出します。

このように『ハウス』に入ったらいいことがあると教えておけば、
入院した時、被災してわんちゃんと一緒に避難した時、ホテルに預けた時など
1人ぼっちになった時の負担を減らすことができます。

3月11日東北大震災
昨日も千葉では震度5の地震がありました
何があるかわからないこの時代。

わんちゃんに『ハウス』教えておくと安心だと思います

そのほかにも『ハウス』に入ることを教えておけば、
いたずら防止、排泄の管理などもしやすくなります。

『知育玩具』とは…
 中にフードが入れられる硬い素材でできた壊れにくいおもちゃです。

『ハウス』の教え方は一般的なもので、
 その子によってはさらに細かく段階を踏んで教えたり、
 時間がかかったりする場合もあります。

ホテルお預かり中にこのように『ハウス』の練習をしたり、
トリック(芸)の練習をしたりすることも可能です。


金井までご相談ください
                      にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最近の記事
プロフィール

やち★はそめ

Author:やち★はそめ

渋谷区代々木公園が
目の前にあるDOGs(`)

わんちゃんと過ごす毎日を
書いています(・ω・)ノ

お問い合わせ
DOGs代々木公園 03-5465-0702

にほんブログ村 犬ブログへ

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード